【英語勉強法】中学校英文法(一年生編②)疑問文、現在進行形、命令文、can、過去形

中学校英文法

さて、前回からの続きになります。

以下が中学校英文法の7つのポイントでしたね。

1. 自己紹介

2. 他己紹介

3.疑問詞を使った疑問文

4. 現在進行形

5. 命令文

6.助動詞can「~できる」

7. 一般動詞の過去形

1.と2.は前回学習しましたので、今回は残りの5つのポイントに取り組んでみましょう。

(3) 疑問詞を使った疑問文

nirasaki
nirasaki

ここでは、what「何」、where「どこ」、who「誰」、whose「誰の」、how「どのように」という基本的な疑問詞を5つ覚えましょう。

What’s this? / It’s a pen.「これなに?」「ペンだよ」
What do you have for lunch? / I have rice and miso soup.「お昼、何食べるの?」「ごはんとお味噌汁」
What language do you speak in Japan? / We speak Japanese.「日本では何語で話しますか?」「私たちは日本語で話しています」
Where is my pen? / It’s here.「僕のペン、どこ?」「ここだよ」
Who is that? / He’s Ken.「あれ、だれ?」「ケンだよ」
Whose pen is this? / It’s mine.「このペン、だれの?」「僕のだよ」
Which is mine? / This one.「僕の、どっち?」「こっちだよ」
How do you come to school? / I come by train.「どうやって通学してますか?」「電車です」
How many pens do you have? / I have one.「ペン、何本持ってる?」「一本」

中学2年生になると、これらの疑問詞にto doが付き(ex. how to do「〜の仕方」)、難易度が上がりますので、ここで確実にこの5つの疑問詞を頭の中に入れておきましょう。

(4) 現在進行形

ある動作の最中であることを表すのが「現在進行形」です。

nirasaki
nirasaki

現在進行形<be+-ing>で表現します!

例文は以下の3つです。

①I’m [not] playing soccer.「サッカーをしています[していません]」
Are you playing soccer? / Yes, I am. [No, I’m not.]「サッカーしてる?」「してるよ[してないよ]」
Is he playing soccer? / Yes, he is. [No, he isn’t.]「彼はサッカーをしていますか?」「はい、しています[いいえ、していません]」

主語によってbe動詞が変化しますので、その点だけ気を付けましょう。

今後、「過去進行形」<be(過去形)+-ing>であるだとか、「現在完了進行形」<have+been+-ing>という形にどんどん発展していきますので、この段階で一番基本的な形を覚えてしまいましょう。

Check!
Check!

進行形というのは、ある動作の一部だけを切り取った表現ですから、その始まりと終わりには言及していないというニュアンスがあります。


(5) 命令文

命令文は、動詞の原形(今回の例文で言えばshowです)を文頭に持って来ます。

Show me your passport, please.「パスポートをお見せください」

Iを中心とし、youに対して指示を出したり、命令したりします。

Iやyouのような主語は省きます。


nirasaki
nirasaki

この例文は、空港の入国審査などで訊かれる定型文です。覚えておくと、旅行でも役立ちそうですね!

(6) 助動詞can「~できる」

何かができるという能力を、助動詞のcanで表すことがます。

①I can [cannot]play soccer.「サッカーできるよ[できないよ]」
Can you play soccer? / Yes, I can. [No, I can’t.]「サッカーできる?」「できるよ」「できないよ」

can「できる」は、主語がIでもyouでもhe/sheでもなんであっても、形が変わらずcanのままです。

そのあとに来る動詞は、必ず原形(playのように元の形)になります。

「〜できる」を表す表現として、もう一つbe able toというものもありますが、こちらはのちほど学習したいと思います。

*cannot=can’tです。

nirasaki
nirasaki

*オバマ元大統領の有名なスピーチの中で、繰り返し“Yes, we can.”とフレーズが出てきますね。「そう、私たちならできます」というようなニュアンスでしょうか。


(7) 一般動詞の過去形

一般的な動作を表す動詞(「する」や「行く」など)の過去形について学びます。

①I played soccer.「サッカーをしました」
②I did not play soccer.「サッカーをしませんでした」
Did you play soccer? / Yes, I did. [No, I did not / didn’t.]「サッカーした?」「うん、した[いや、しなかった]」
④I went to school by train.「私は電車で学校に行きました」
⑤Ken went to school by train.「ケンは電車で学校に行きました」
Did Ken go to school by train? / Yes, he did. [No, he didn’t.]「ケンは電車で学校に行きましたか?」「はい、行きました[いいえ、行きませんでした]」

playのように、ただ-edを加えて規則的に過去形を作れるものもあれば、go(過去形はwent)のように、不規則に活用するものもありますので注意が必要です。

また、疑問文を作る場合、一般動詞の現在形を使った文ではDo you~?の文になりましたが、過去形になるとdoがdidになり、Did you 動詞の原形〜?となります。

練習問題

それでは復習してみましょう(答えはこれまでに登場した例文です)。

<疑問詞を使った疑問文>

①( )( )?「これなに?」It’s a pen.「「ペンだよ」
②( )( )( )( )( )( )?「お昼、何食べるの?」/ I have rice and miso soup.「ごはんとお味噌汁」
③( )( )( )( )( )( )( )?「日本では何語で話しますか?」 / We speak Japanese.「私たちは日本語で話しています」
④( )( )( )( )?「僕のペン、どこ?」/ It’s here.「ここだよ」
⑤( )( )( )? 「あれ、だれ?」/ He’s Ken.「ケンだよ」
⑥( )( )( )( )? 「このペン、だれの?」/ It’s mine.「僕のだよ」
⑦( )( )( )? / This one.「僕の、どっち?」「こっちだよ」
⑧( )( )( )( )( )( )「どうやって通学してますか?」/ I come by train.「電車です」
⑨( )( )( )( )( )( )?「ペン、何本持ってる?」/ I have one.「一本」

<現在進行形>

①( )( )( ).「サッカーをしています」
②( )( )( )( )? 「サッカーしてる?」/ Yes, I am. [No, I’m not.]「してるよ[してないよ]」
③( )( )( )( )? 「彼はサッカーをしていますか?」/ Yes, he is. [No, he isn’t.]「はい、しています[いいえ、していません]」

<命令文>

①( )( )( )( ), please.「パスポートをお見せください。」

<can>

①( )( )( )( ).「ぼく、サッカーはできないよ」
②( )( )( )( )?「サッカーできる?」 / Yes, I can. [No, I can’t.]「できるよ」「できないよ」

<一般動詞の過去形>

①( )( )( ).「サッカーをしました」
②( )( )( )( )( ).「サッカーをしませんでした」
③( )( )( )( )? 「サッカーした?」/ Yes, I did. [No, I did not / didn’t.]「うん、した[いや、しなかった]」
④( )( )( )( )( )( ).「私は電車で学校に行きました」
⑤( )( )( )( )( )( ).「ケンは電車で学校に行きました」
⑥( )( )( )( )( )( )( )? 「ケンは電車で学校に行きましたか?」/ Yes, he did. [No, he didn’t.]「はい、行きました[いいえ、行きませんでした]」

まとめ

以上が中学校一年生編になります。

いかがだったでしょうか?

例文は30にまとめました。

英語が苦手だ!という人向けに、だいぶ覚えやすい例文を用意したつもりではいるので、ぜひチャレンジしてみてください。

今後の予定ですが、中学校3年間分の例文を100程度にまとめる予定です。

そこまでできれば、高校レベルに突入しても問題なく適応できるでしょう。

まだまだ長い道のりかもしれませんが、とりあえずこの目標に向けてお互いに頑張って行きましょう!

次回は中学校2年生編です。

中学校英文法
シェアする
nirasakiをフォローする
ニラサキ・ザ・プラットフォーム