【英語勉強法】中学校英文法(三年生編③)

中学校英文法

(5) 疑問詞+to do

さて、中学校三年生の範囲ですが、以下の通りでしたね。

(1) 受け身

(2) 現在完了形(継続・経験・完了)

(3) 不定詞(副詞的用法:原因)

(4) want+人+to do

(5) 疑問詞+to do

(6) It is . . . for+人+to

(7) 間接疑問文

(8) 関係代名詞

(9) make

(10) 現在・過去分詞

今回は(5)~(7)の範囲になります。

比較的理解しやすい内容だと思いますので、テンポよく進んでいきましょう!

(5) 疑問詞+to do

中学二年生から不定詞について学んできましたが、ここでは疑問詞のあとに付くto doの形を学びます。

①I know how to play soccer.「僕はサッカーの仕方を知ってるよ」
②She knows where to go.「彼女はどこに行けばいいかを知っている」

例文①ですが、疑問詞howのあとにto playが付いています。

how to doは「〜の仕方」という意味ですから、この場合はhow to playで「サッカーの仕方」となります。

日本語でよくハウツー本などと言いますが、英語ではhow toですね。

また、例文②では疑問詞whereのあとにto goが来ています。

where to do で「〜すべきところ」という意味になりますので、where to goで「行くべきところ」となります。

このように、what, who, whichなどの疑問詞にto doが付くと特別な意味なるので注意が必要です。ex. Ask him when to start.「いつ始めればいいか、彼に聞いて」

*例えばwhat to doであれば「何をすべきか」という意味になります。

(6) It is . . . for+人+to do

これも日本語にはない英語特有の構文ですね。

「人が〜するのは…である」という意味です。

日本語だけだとわかりにくいので、例文を見てみましょう。

It is necessary for me tolearn how to play soccer.「私はサッカーの仕方を学ぶ必要がある」

necessaryという形容詞は「必要だ」という意味です。

me「私」にとって、learn「学ぶ」ことがnecessary「必要だ」ということになります。

how to doは疑問詞+to doのところで習った通り、「〜の仕方」という意味でしたね。

ですので、文全体で「私がサッカーの仕方を学ぶということが必要である」という意味になります。

この場合、Itは「それ」という意味ではありません。

to do(ここではto learn)以下の内容で置き換えて考えておきましょう。

It = to learn~。

この場合の不定詞の内容をする人(意味上の主語)はme「私」です。

必ずIt is . . . for 人 to doの語順になりますので、覚えてしまいましょう。 ex. It is important for you to study English.「君にとって英語を勉強することは重要だ」

It = to learn~。 この場合の不定詞の内容をする人(意味上の主語)はme「私」です。

必ずIt is . . . for 人 to doの語順になりますので、覚えてしまいましょう。ex. It is important for you to study English.「君にとって英語を勉強することは重要だ」

(7) 間接疑問文

疑問文が文の中に入り込むと、語順が変わります。

これを間接疑問文と言います。

疑問文の内容なのですが、一般的な文と同じ語順になりますので、注意が必要です。

例文を見ておきましょう。

①I knowwhat I should do.「私は自分が何をすべきかわかっている」

本来であれば、What should I do?「私は何をすべきなんだ?」という疑問文があるはずなのですが、それがI knowから始まる文の中に入り、語順が変わっています。

間接疑問文の場合は<疑問詞+主語+動詞>の順番になります。 ex. I don’t know when he finished homework.「彼がいつ宿題を終えたのかを私は知らない」

(To be continued . . .)

中学校英文法
シェアする
nirasakiをフォローする
ニラサキ・ザ・プラットフォーム

コメント